Shonan ERFor the patient

Feature

湘南ERの特徴

湘南ERの特徴1

湘南ERの特徴1

1すべての救急患者を受け入れ、最善を尽くすことが我々の使命

24時間365日、緊急度・重症度・来院方法によらずすべての救急外来受診患者を受け入れ、最善を尽くした医療を提供します。他院で搬送を断られるような複雑な背景の患者など、地域の救急患者にとって最後の砦としての役割を果たしています。たとえ満床であっても、決して断らず当院にて初期対応を行い、入院が必要な患者は状況に応じて適切な医療機関を選定し転院搬送まで責任をもって対応します。

湘南ERの特徴2

湘南ERの特徴2

2充実した専門科のバックアップ体制がここにはある

循環器科、脳卒中科、脳神経外科、外傷整形外科など緊急治療を要する様々な急性期疾患に対応出来る専門科が充実しています。また当院の主軸である総合内科、一般外科が整っているため、入院担当科が決定しにくい場合も、これらの科が必ず入院を引き受ける体制が確立しています。そして重症な救急患者専用の病床(ECU)も10床完備しており、集中治療を行うことが可能となっています。

湘南ERの特徴3

湘南ERの特徴3

3救急調整室が円滑な医療をしっかりサポート

湘南ERには現在専属の救命士が8名所属しており、救急調整室を運用しています。そこでは他院からの転院搬送の依頼窓口業務や、診療情報の収集業務、また適切な転院搬送先の選定や、時には実際に搬送業務を一手に引き受け、円滑な医療を強力にサポートしています。そのため医師は診療に専念でき、迅速かつ最善の治療に全力を尽くすことができています。

湘南ERの特徴4

湘南ERの特徴4

4すべての病院職員が「救急患者を断らない」理念をしっかりと共有している

救急医だけではなく、各専門医、看護師、各専門技師、医事課職員など全ての職種が、「救急患者を断らない」理念を常に共有しているため、職種を超えて協力し合い、助け合うことで一丸となり、救急患者にとって最善を尽くす努力が日々行われています。

実績

ER専従医師:21名(女性医師 7名)
スタッフ:7名(救急科専門医 5名、女性医師 2名)
専攻医:14名(女性医師 5名)
認定施設:日本救急医学会専門医認定施設

2018年度救命救急センター実績

総受診患者数 42,864名
救急搬送患者数 14,131名
ウォークイン患者数 28,733名

2017年度救命救急センター実績

総受診患者数 42,350名
救急搬送患者数 13,705名
ウォークイン患者数 28,645名

2016年度救命救急センター実績

総受診患者数 42,633名
救急搬送患者数 13,108名
ウォークイン患者数 29,525名

2015年度救命救急センター実績

総受診患者数 43,849名
救急搬送患者数 12,585名
ウォークイン患者数 31,264名

PAGE TOP